×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ときわ路の白電−K552編成

常磐線・水戸線で活躍している、勝田の403系です。
2004年4月現在、403系は41 53両が残存(クハ401含む)。全車、新製以来勝田に配置されています。

画像は、4両のうち3両がAU712で冷改されたK552編成(4連)です。
いずれも、2004年3月撮影。

クハ401-67
クハ401-67(K552) 水戸寄り先頭車。CP付き。前面にはアンチクライマー付の補強板が付いている(下の68番も同様)。最前部のベンチレーターは箱形のまま存置(AU712冷改車の特徴)。

モハ403-9
モハ403-9(K552) パンタ無し電動車。車両更新車で、屋根は塗り屋根になっている(他車も同様)。弱冷房車。

モハ402-9
モハ402-9(K552) パンタ付き電動車。編成中、この車両のみAU75付き。各車とも、側ドアは窓ガラス押さえ枠の見えないタイプに交換されている。

クハ401-68
クハ401-68(K552) 上野寄り先頭車。MG・CP付き。冷房用の電源は、AU75付車と同様に大型MGから供給される。



一覧へ戻る